• 肌綺麗な女性
  • 肌が若々しい女性

シミの原因にもなるニキビの治すには?

ニキビはきちんと治療しないことには、ニキビ跡から炎症が起こりシミが出来る原因となります。
単なる吹き出物と思わずにニキビは皮膚の病気ですから、薬などを使って治療をすることが大切です。
シミにしてしまわないようにするには、どうすれば良いでしょうか。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖することで起こります。
顔の上には雑菌がいるのが通常ですが、毛穴が詰まっていなければアクネ菌が増殖することもありません。
ニキビを治すためには毛穴の詰まりを解消することと、アクネ菌の増殖を抑えることの両方が必要です。

毛穴の詰まりというのは皮脂の過剰分泌が原因です。
10代の頃はホルモンバランスも影響していますが、それ以外には食生活や洗顔の仕方にも問題があります。
食べ物によってニキビが出来やすいという人は、原因になっている食べ物を控えることから始めてみましょう。

吹き出物やニキビができやすい人というのは、気にして洗いすぎていることもよくあります。
洗えば一時的に脂分はなくなりますが同時に潤いも奪ってしまいます。
すると保湿成分がなく乾燥した肌を守ろうとすることでさらに皮脂は分泌するのです。
今使ってみる洗顔料を変えてみることも大切ですし、思い切って洗顔をお休みしてみると乾燥も改善して原因になっていた皮脂の分泌が正常に戻ることもあります。

アクネ菌の増殖を抑えるためには、ニキビ肌専用のスキンケア用品が向いています。
ごしごし擦るのではなくしっかり泡立てた泡で優しく顔を包み込み洗顔をします。
洗顔のあとには丁寧にスキンケアをして下さい。
アクネ菌を抑えるためには、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体を配合している化粧水が向いています。
皮脂が多い時には乳液やクリームは不要ですが、水分をたっぷりと補うことで皮脂の分泌も改善します。

ニキビを繰り返してしまうという人は、スキンケアだけではなく薬を使うことも必要です。
自己流で治せばシミや肌の凹凸の原因になります。
そうなってからでは遅いですから、正しいお手入れが大切なのです。

生活習慣の改善などでニキビの予防をしつつ薬で治す

正しいお手入れの仕方を続けることは、ニキビを繰り返さないためには必要な努力です。
お化粧をする人は雑菌以外にメイク汚れからも肌トラブルを招きますので、丁寧なお手入れが欠かせません。

ですが肌を作るのは内側からですので、根本的にできにくい肌にするためには食生活の見直しも重要です。
皮脂の元となる脂っこい食べ物、糖分の多いオヤツ類は控えめにして下さい。
たまに食べる分には良いのですが、シミのない美しい肌を作るためには量を減らして、食事の質を上げることが必要です。
好きなものばかり食べていては、ニキビは改善しません。

そして何と言っても美肌の基本は規則正しい生活です。遅くても12時までには寝るようにして、成長ホルモンを促します。
肌のターンオーバーが整うことで、ニキビができにくい肌を目指します。
出来てしまってからではなくニキビには予防も必要なことなのです。
仕事の都合で早く眠れないという人も、最低でも6時間は眠れるように時間を調整してみて下さい。
生活習慣は改善するまでは大変だと感じますが、体が慣れてしまえばそれ程労力を必要としません。

ニキビは予防をすることと、ひどくなる前に薬で対処することの両方が大切です。
自然に治している人も少なくはありませんが、ひどい炎症を放っておけば毛穴の中で膿んだり、のちのちニキビ跡にシミを作ってしまいます。
ニキビを繰り返す人というのは、ニキビが出来やすいということですので薬も必要です。
薬は外用薬と内服薬の両方がありますので、体の外と内からケアをすることが出来ます。

一度できたシミを取るよりもシミにならないようにするほうが簡単です。
ですから自然に治すのではなく、薬などで積極的に治すことが大切です。